2017年04月16日

4月28日(金) 中哲二講演会/練馬区

チラシ表(小).jpgチェルノブイリ31年・福島6年救援キャンペーン
今中哲二講演会「放射能汚染の時代をどう生きるか、子どもたちをどう守るか」

日時:2017年4月28日(金)18:30開場/19:00開演
会場:練馬文化センター 小ホール(練馬区練馬1-17-37)
チケット:当日1,300円/予約1,000円(4/26 PM3まで)
共催:チェルノブイリ子ども基金 http://ccfj.la.coocan.jp/
    Tel/fax: 03-6767-8808、E-mail: cherno1986@jcom.zaq.ne.jp
未来の福島こども基金 http://fukushimachildrensfund.org/

チェルノブイリ原発事故から31年、福島原発事故から6年が経過。
チェルノブイリ被災地では次世代の子どもにも健康被害は続いています。
福島原発事故はいまだ収束していません。日本でも小児甲状腺がんの発症は増えています。
この放射能汚染の時代をどう生きるのか、子どもたちをどう守っていくのか、一緒に考えてみませんか。
このイベントの収益は、チェルノブイリと福島の子どもの保養費用などに使われます。

【講演】今中哲二
京都大学原子炉実験所研究員。
チェルノブイリと福島の放射能汚染の実態について調査・研究を続け、原発の危険性を訴えている。

【報告】
黒部信一:「未来の福島こども基金」代表、小児科医
佐々木真理:「チェルノブイリ子ども基金」事務局長
posted by 脱原発ネットワーク茨城 at 00:03| Comment(0) | ☆☆ 展開中・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: