2017年06月16日

6月18日(日) 関東子ども健康調査支援基金 児玉順一医師講演会

20170618児玉先生講演会.pdf
関東子ども健康調査支援基金
児玉順一医師講演会
「お医者さんが語る 放射能汚染に負けないための 日々の暮らしの処方箋」

日時:2017年6月18日(日)PM2:30〜4:30
場所:常総生協 2階 組合員活動室
参加費:500円(資料の配布あり)
託児あり(事前にお申し込みください)

児玉先生は、埼玉県ときがわ町で内科を営みつつ、低線量被曝の影響を研究し続け、
各地で講演もされています。
皆様もご存知の通り、放射線の影響は甲状腺だけに起こるわけではありません。今回
の講演では、甲状腺がん以外にどのような疾患としてあらわれてくるのか、また低線
量被曝の影響を少なくするために日々できることは何か、等、お話しいただける予定
です。当基金を支援してくださっている常総生協で、私たちも普段から気になってい
ることについて専門家のお話が聞ける貴重な機会です。

参加申し込みはこちら
常総生協 0297-48-4911 担当 やなぎまち まで
お名前・連絡先電話番号・同行者がいる場合はその方のお名前をお知らせください。

常総生協 <脱原発くらし見直し委員会とは>
常総生協の組合員から構成されており、組合員が自発的に活動している常総生協公認
の委員会です。月1回集まって、ゆる〜く地道に活動しています。常総生協の組合員
ならどなたでも参加できます。

***************
関東子ども健康調査支援基金
HP http://www.kantokodomo.info
Mail ibachiba@kantokodomo.info
posted by 脱原発ネットワーク茨城 at 09:21| Comment(0) | ☆☆ 展開中・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: