2017年07月14日

7月20日(木) 東海第二訴訟 第18回弁論期日/水戸


東海第二原発運転差止訴訟 第18回弁論期日

日時:2017年7月20日(木) 14 : 30〜15 : 30
集合:水戸地裁玄関前、13:30

会場:水戸地方裁判所301号法廷

【原告側準備書面】 法廷での口頭弁論順
準備書面(48) 「日本一の人口密集地に立地する東海第二原発の4層・5層をめぐる「争点」と司法判断について〜国第13準備書面をめぐって」(尾池弁護士)
準備書面(49)「東海再処理工場の事故による東海第二原発の複合災害」(五来弁護士)
準備書面(50) 「東海第二原発のケーブルの老朽化問題について」(川澄原告)
準備書面(51) 「東海第二原発は耐震余裕がない」(三村弁護士)
      (意見書) 「耐震安全余裕に関する意見書」筒井哲郎・後藤政志
準備書面(52) 被害論(17) 「原発事故関連死の深刻さ」(丸山弁護士)
【被告より提出された準備書面】
【被告日本原電】
  原告ら準備書面(46) の求釈明事項(電源問題) について
  原告ら準備書面(45) の求釈明事項(圧力容器中性子照射脆化監視試験) について

【被告国】
  国第16 準備書面「地震に係る規制の合理性」

日本原電も規制委も期限までの審査に前のめりになっています。
裁判も山場に来ていますのでどうぞ改めて裁判にもぜひ参加をよろしくお願いいたします。

問合せ:
東海第2原発運転差止訴訟原告団事務局
TEL 0297-48-4911(大石)
posted by 脱原発ネットワーク茨城 at 05:30| Comment(0) | ☆☆ 展開中・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: