2018年03月05日

3月10日(土) 低認知被災地におけるポスト3.11の市民活動報告会/水戸

低認知被災地におけるポスト3.11の市民活動報告会

日時:2018年3月10日(土)13:30〜16:00
場所:茨城大学 図書館セミナールーム
内容:
13:30〜14:30 講演
「改めて茨城の放射能汚染を考える〜17都県土壌汚染調査の結果から〜」
講師:みんなのデータサイト・東日本土壌ベクレル測定プロジェクト
   つくば市民放射能測定所の藤田康元さん

14:45〜16:00
各グループの活動報告と意見交換会 

主催:茨城大学人文社会科学部市民共創教育研究センター
※本企画は、JSPS科研費JP17K12632: 基盤研究C「福島近隣地域における地域再生と市民活動-宮城・茨城・栃木の相互比較研究-」(研究代表者:鴫原敦子)の助成を受けて実施。

開催趣旨:
震災から約7年が経過しました。低認知被災地において継続的に汚染測定調査を実施しているつくば市民放射能測定所から講師をお招きして、茨城の放射能汚染の現状を東日本17都県の土壌汚染調査の結果を基にご報告頂きます。今後、地域としてどのような取組が必要かについて、県内外で活動する市民グループの関係者を交えて意見交換会を行います。
(担当教員:蓮井誠一郎・原口弥生)
posted by 脱原発ネットワーク茨城 at 21:32| Comment(0) | ☆☆ 展開中・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: