2018年07月04日

東海第二原発の新基準「適合」との判断に対する抗議声明

抗議声明_提出版.pdf
2018年7月4日(水)の原子力規制委員会で、東海第2原発について申請されている3つのうちの1つ「設置変更申請」が新規制基準に適合していることを認める審査書案を公表しました。

即日、茨城県内48グループ連名で「抗議文」を原子力規制委員会に提出しました。
詳しくはPDF添付をご覧ください。

(以下、抜粋)
原子力規制委員会委員長 更田 豊志 殿

東海第二原発の新基準「適合」との判断に対する抗議・申し入れ書

原子力規制委員会は2018 年7 月4 日の会議で、日本原電が提示した東海第2原発・設置変更申請が
新規制基準に「適合」していると発表しました。
私たち・原発いらない茨城アクション実行委員会はこの発表に強く抗議します。
2014 年以降続けられた東海第2原発の審査は内容的にも、またスケジュール的にも、非常に「無理」
があると考えます。
そもそも新規制基準で難燃性ケーブルを義務付けているにも関わらず、非難燃性ケーブルに防火シー
トを巻くことで同等の機能が得られることを了承した点は「無理」の最たるものです。
また2018 年11 月27 日を期限とする複数の審査のスケジュールも日本原電の書面提出の遅れに原子
力規制委員会が「のまれる」状態になっており、大きな「無理」が生じた審査になっています。
この「無理を通す」状態の下で、東海第2原発・設置変更許可申請を了承とするのは「規制」ではな
く「現状追認」ではないでしょうか。
国会事故調査委員会が福島原発事故の構造的な原因を、「当時の規制当局が電気事業者の『虜(とり
こ)』となっていた」と断じたことをいまこそ想起しなければなりません。
現在の原子力規制委員会は再び電気事業者の「虜」になりつつあると考えます。
以上、今回の発表に強く抗議するとともに、今後に向けて次の点を要望します。

【要望事項】
・原子力規制委員会本来の「規制」の姿勢を取り戻してください
・東海第2原発に関し茨城県民をはじめ国民から提示されるすべての公募意見に真摯に向き合ってく
ださい
・今後続く東海第2原発の審査においても、スケジュールありきの安易な判断をしないでください

抗議・申入れ団体: 原発いらない茨城アクション実行委員会
(連絡先:茨城県水戸市大工町3-4-24 電話:029-221-6811 )
*以下、抗議・申入れ団体 48団体連盟
posted by 脱原発ネットワーク茨城 at 23:08| Comment(0) | ☆☆ 展開中・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: