2018年07月26日

9月2日(日) 講演会「どうする? 原発のゴミ」/水戸

2018伴英幸さん講演チラシ.pdf
原発問題講演会「どうする? 原発のゴミ」
お話: 原子力資料情報室共同代表 伴 英幸さん

原発を動かせば必ず出る「核のごみ」。地下に埋めて見えなくすればよいのか。
その問題の危険性、現在の状況を原子力資料情報室の伴 英幸さんに分かりやすく解説していただきます。

日時: 2018年9月2日(日)午後1時半〜4時
場所: 茨城県総合福祉会館 4階大研修室
    水戸市千波町1918サントル千波交差点わき
資料代: 300円(学生無料)

主催: ニコエコデイコ http://nicoecodayco.blog62.fc2.com/
(事務局)〒300-0045土浦市文京町1-50富士火災ビル3階
茨城県保険医協会内「核戦争を防止し平和を求める茨城医療人の会」
当日連絡先: 090−6718−7755

伴 英幸さんは、生活協同組合職員、脱原発法制定運動を経て1990年より原子力資料情報室スタッフ。1998年より共同代表。著書に『原子力政策大綱批判―策定会議の現場から』(七つ森書館)。

※伴さんの講演に先立ち、「原発や関連施設が周辺住民の健康に及ぼす影響」について、大前比呂思医師(反核医師の会原発問題プロジェクトチームメンバー、核戦争を防止し平和を求める茨城医療人の会世話人)より話題提供があります。
posted by 脱原発ネットワーク茨城 at 04:29| Comment(0) | ☆☆ 展開中・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: