2019年04月30日

6月9日(日) 森松明希子さん講演会/水戸

アムネスティ日本・水戸 公開学習会
「命を守る、自由を守る、笑顔を守る
 原発事故・自主避難者               
 森松明希子さん講演会」

森松明希子さんは、2018年に国連人権理事会にて避難の現状を訴えるとともに、国連勧告を日本政府が完全に実施することを求めるスピーチをされました。再稼働を表明した日本原電・東海第二原発を抱え、「広域避難計画」の策定が進む私たち茨城県民にとって、避難・被災が「人権」に及ぼす影響の深刻さを、この学習会で皆さまと改めて考えてみたいと思います。

日時:2019年6月9日(日)14:00〜

場所:あむねすみと2F ハングルアカデミー
http://www.hangeul-ac.com/school/mito.html

講師:森松明希子さん(東日本大震災避難者の会Thanks & Dream代表)
参加費: 500円
13:30〜 開場
14:00〜 講演開始
16:30  終了(予定)

主催; アムネスティ日本・水戸グル−プ
お問い合わせ:Tel 0299-48-2695(徐信)
http://www.net1.jway.ne.jp/abeusr1

〜 森松明希子さん プロフィ−ル 〜
 福島県郡山市在住中に東日本大震災に被災。3歳と0歳の2児を連れ、2011年5月大阪市へ母子避難。東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリ)代表、原発賠償関西訴訟原告団代表、原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表。2018年3月19日スイス・ジュネーブの国連人権理事会本会議にてスピーチ。
 
著書『母子避難、心の軌跡―家族で訴訟を決意するまで』(かもがわ出版)
posted by 脱原発ネットワーク茨城 at 18:32| Comment(0) | ☆☆ 展開中・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: