2018年05月18日

7月3日(火)?7月8日(日) 飛田晋秀写真展 3.11から7年―福島のいま/土浦

飛田写真展2018.jpg飛田晋秀写真展  3.11から7年―福島のいま

日時:2018年7月3日(火)〜7月8日(日) 10時〜18時
   (初日は12時から、最終日は16時まで)
   ◆初日7月3日(火)16時から飛田晋秀氏ギャラリートーク

会場:土浦市民ギャラリー(土浦市大和町1−1、TEL029-846-2950)
   ※JR土浦駅西口近く「土浦アルカス」1階です。
入場無料
主催:福島応援プロジェクト
問合せ:TEL090−9108−0464(小張)、TEL090-7845-6599(長田)
posted by 脱原発ネットワーク茨城 at 21:02| Comment(0) | ☆☆ 展開中・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

5月12日(土) 脱被ばく実現ネット 第10回・新宿デモ

★脱被ばく実現ネット★ 第10回・新宿デモ 5.12
黄ハート子どもを被ばくから守ろう!家族も、自分も!黄ハート
https://fukusima-sokai.blogspot.jp/

日時:2018年5月12日(土)13時〜 アピール/14時〜 デモ行進スタート
会場:JR新宿東口 アルタ前広場
デモコース: 新宿駅左回り1周コース(約40分)
主催:脱被ばく実現ネット
nijisaiban@gmail.com 又は 090-8494−3856(担当・岡田)

福島は未だ「原子力緊急事態宣言」は解除されないままなのに、国をあげて被ばくを隠蔽し、「被ばくしたくない」という当然の願いを「復興を妨げる非常識な考え」であるかのようなキャンペーンがはられています。原発事故は収束してはいない事を忘れないで下さい。
関東にも放射性物質が毎日飛んできている事を忘れないで下さい。
私達の人命よりも経済優先の政府の棄民政策ーーーもう他人事ではないーー愚かにも原発再稼働が進めば 福島と同じ事故が起こるのは避けられません。
私達は自分達で子ども達、家族を守っていかなければなりません。
いまこそ、皆つながって「反被ばく、反原発」の抗議の声をあげましょう〜!
ご参加お待ちしています。
posted by 脱原発ネットワーク茨城 at 22:11| Comment(0) | ☆☆ 展開中・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

5月29日(火) 定例会/つくば

脱原発ネットワーク茨城 2018年5月(第79回)定例会



日時:2018年5月29日(火)19:00〜

場所:つくば市市民活動センター(つくば市吾妻1-10-1)

  ※南2駐車場をご利用頂き、駐車券をお持ちください。



報告:◆4月28日の脱原発首長会議について

   ◆県内の市町村が締結している「原子力災害の

    広域避難計画の協定書」の内容について



議題:◆東海第2原発の近況(日本原電、原子力規制委員会)

   ◆県内でのアクションへの合流・協力
posted by 脱原発ネットワーク茨城 at 16:37| Comment(0) | ☆☆ 展開中・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

5月5日(土) 原子力防災の学習会/牛久

原子力防災の学習会
1)「カノンだより」鎌仲ひとみ監督の短編映像4本
  「26年後のベラルーシ」10分
  「かつての汚染地に帰還する子どもたち」12分
  「市民科学者〜ベルラド研究所の取り組み〜」12分
  「放射能から子どもたちを守る会@やちよ」16分
2)鎌仲ひとみ監督メッセージ+兵庫県篠山市原子力災害対策検討委員守田敏也さんのお話等20分
3)「篠山(ささやま)市の原子力防災ハンドブック」を資料にして勉強しましょう。

日時:2018年5月5日(土・祝)13:30〜16:30
会場:牛久市中央生涯学習センター視聴覚室
  (牛久市柏田町1606−1)
参加費:500円、申込予約不要、当日集金
主催:環境学習同好会
連絡先:yanboubo(アットマーク)gmail.com (中村)
 
原発に賛成でも反対でも、原発事故に対する備えは絶対に必要!!
茨城県の東海第2原発から100qの東京都世田谷区でも、原子力防災対策の動きが!
県内の私たちは原子力防災対策は・・・。

共催 原発いらない牛久の会 生活クラブ生協茨城牛久ブロック 地域くらぶチームさくら台
posted by 脱原発ネットワーク茨城 at 08:45| Comment(0) | ☆☆ 展開中・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

5月12日(土)・16日(水) 「日本と再生」上映会/つくば

chirashi_01.pdf
つくばで「日本と再生」上映会を行います!

世界を駆動させるのはあふれる自然の力!
そして太陽、風、地熱、バイオマスetc.日本は 資 源 大 国 !
脱原発弁護士・河合弘之氏と環境学者・ 飯田哲也氏が、世界の自然エネルギーの 実情を知る旅に出ました。その活況を映像化した作品です。ぜひご覧ください。
http://www.nihontogenpatsu.com/

日時:2018年
5月12日(土)13:30〜15:30
5月16日(水)10:00〜12:00
会場:つくば市 小野川交流センター
(茨城県つくば市館野477−1)
参加費:500円
※託児希望の方は事前にご連絡ください(TEL029-859-0264)

主催:つくば・市民ネットワーク
http://tsukuba-net.jp/
posted by 脱原発ネットワーク茨城 at 00:35| Comment(0) | ☆☆ 展開中・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月28日(土) 学習会 「脱原発は可能か」脱原発をめざす首長会議/水戸

脱原発をめざす首長会議が4月28日に水戸市で開催する学習会・総会の案内を転載いたします。

*********
脱原発をめざす首長会議

2018年度の年次総会を水戸市で開催するにあたり、学習会を企画しました。一般市民の方も、総会の傍聴は可能です。学習会・総会の後、記者会見 を予定しています。参加・傍聴方法については、最下記をご覧ください。

2018年度 第1回学習会
〜再エネ・省エネ・自治体の役割〜
http://mayors.npfree.jp/?p=5715

■日時:2018年4月28日(土)13:30〜15:00(開場 13:00)
■会場:茨城県立県民文化センター 分館 2階 集会室10号
■参加費:無料
■主催:脱原発をめざす首長会議
■詳細:http://mayors.npfree.jp/?p=5715

≪3・11≫の後、ドイツ、イタリア、スイス、ベルギー、台湾、韓国が「脱原発」の方針を決めました。ドイツは2022年までにすべての原発を停 止させるスケジュールを確かなものとするため、エネルギーの構造改革に踏み出しています。なぜ、日本では脱原発に踏み出すことができないのでしょ うか。再生可能エネルギーの拡大を阻んでいるものは。そして自治体の役割は――。エネルギー政策論の専門家からお話を聞きます。

講師 高橋洋・都留文科大教授
(元経済産業省総合資源エネルギー調査会委員、元内閣府参与)
1993年東京大学法学部卒、同年ソニー入社。内閣官房IT担当室主幹、東京大学先端科学技術研究センター特任助教、富士通総研経済研究所主任研 究員を経て、2015年より都留文科大学社会学科教授。学術博士。専門は公共政策論、エネルギー政策論。経済産業省総合資源エネルギー調査会委 員、大阪府市特別参与、内閣府本府参与などを歴任。主な著書に、『エネルギー政策論』(岩波書店、2017年)、『電力自由化 発送電分離から始 まる日本の再生』(日本経済新聞出版社、2011年)など。

□総会 15:10〜17:10
□記者会見 17:20〜17:40

▼参加・傍聴のご希望の方
下記をお読みの上、メールまたはFAXにてお申し込みください。先着100人までです。
【申し込み方法】
件名を「4月28日 傍聴希望」とし、以下の情報を記載し、ご連絡ください。
@お名前(ふりがな)、Aご連絡先(電話番号あるはEmail)
【申込先】
脱原発をめざす首長会議事務局
E-mail : mayors@npfree.jp / FAX : 03-3363-7562
posted by 脱原発ネットワーク茨城 at 00:26| Comment(0) | ☆☆ 展開中・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月25日(水) 集会・政府交渉「私たちのお金を日本原電・東海第二原発の再稼働のために使わないでください」/東京

(署名呼びかけ団体のFoE Japanの案内を転載)
件名の集会と政府交渉が開催されます。
ご多忙の折、急なことではありますが、是非ご参加ください。
また、署名の拡散もどうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「私たちのお金を日本原電・東海第二原発の再稼働のために使わないでください
東海第二原発を許可しないでください」
署名にご協力の皆さま

日本原電・東海第二原発の再稼働のための審査が進んでいます。もっともネックになっているのは日本原電の「経理的基礎」。日本原電は原発しか持たず、所有する4つの原発のうち2つは廃炉が決まり、現在発電を行っていない日本原電が破たんを免れているのは、東電、関電などがあわせて年間1,000億円の「電気料金」を支払っているからです。

日本原電は、東海第二原発の再稼働に必死ですが、安全対策費を自力で調達することができません。
原子力規制委員会は、「経理的基礎」の審査に当たって、融資保証を誰が引き受けるかについて、書面を要求。日本原電の求めに応じ、東京電力と東北電力が経済的支援を表明しました。しかし、その内容は、多くの前提があり、玉虫色のものです。そもそも東電は、巨額の公的資金および各電力会社からのお金が注入されて破綻をまぬがれている状況です。それなのに、原発事故被害者の賠償についても、和解案を拒否し続け、また、値切り続けている状況です。そうした東電が、日本原電の支援をすることは可能なのでしょうか?
答えはノーでしょう。原発事故被害者、国民、顧客に対する裏切り行為ともいえます。

このたび、こうした点について、原子力規制庁、経済産業省、東電に問うため、集会および政府交渉を開催します。どなたでも参加できます。ぜひご参加ください!

【集会&政府交渉:東海第二原発、東電が日本原電を支援!?〜私たちのお金を使わないで!】
https://www.facebook.com/events/158370448193568/
日時:2018年4月25日(水)10:30〜13:00
  ロビーにて入館証配布…10:10〜10:30
  背景説明/茨城からの報告…10:30〜11:30
  政府交渉(調整中)…11:30〜13:00
場所:参議院議員会館(東京メトロ・永田町1番出口すぐ)

★こちらもよろしくお願いいたします。第一次締め切りは、4月23日です。
【署名】東京電力さん、私たちのお金を日本原電・東海第二原発の再稼働のために使わないでください
http://www.foejapan.org/energy/stop_restart/180411.html

団体署名>https://pro.form-mailer.jp/fms/697c889e143818
個人署名(Change.org)>https://goo.gl/PjKJEB
署名用紙(PDF)>http://www.foejapan.org/energy/stop_restart/pdf/180411_petition.pdf
第一次締め切り:2018年4月23日 第二次締め切り:2018 年 6 月末日

署名呼びかけ:国際環境 NGO FoE Japan、原子力規制を監視する市民の会
協力団体:
茨城:原発事故からくらしを守るネットワーク、さよなら原発いばらきネットワーク、常総生活協同組合、脱原発ネットワーク茨城、脱原発とうかい塾、東海第二原発再稼動ストップ日立市民の会、反原子力茨城共同行動
福島:原発いらない福島の女たち、原発事故被害者団体連絡会(ひだんれん)、脱原発福島ネットワーク、フクシマ・アクション・プロジェクト、ふくしまWAWAWA−環・話・和ーの会
関東・新潟:eシフト、エナガの会、国際青年環境NGO A SEED JAPAN、さようなら柏崎刈羽原発プロジェクト、首都圏反原発連合、地球救出アクション97

賛同団体:
特定非営利活動法人ふくしま地球市民発伝所、公害・地球環境問題懇談会、さよなら玄海原発の会・久留米、さようなら柏崎刈羽原発プロジェクト、生命(いのち)を考える福島と鹿児島の会、放射能ゴミ焼却を考えるふくしま連絡会、被ばく医療を考える会かごしま、みさと市民原子力発電研究会、オールターナティブズ、原発の危険性を考える宝塚の会、東海第二原発再稼動ストップ日立市民の会、ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン、茨城県平和委員会、所沢「平和都市宣言」実現する会、原子力公害に取り組む札幌市民の会、ふぇみん婦人民主クラブ、さよなら原発北葛の会、脱原発福島ネットワーク、希望のたね・みと、福島原発被害山木屋原告団、千葉県放射性廃棄物を考える住民連絡会、子ども脱被ばく裁判の会、会津放射能情報センター、高木学校、足元から地球温暖化を考える市民ネットたてばやし、原発いらない人びとの会、平和・人権・環境を守る岐阜県市民の声、花風香の会、放射能のゴミはいらない!市民ネット・岐阜、上岩出診療所、原発なくそうミツバチの会、春を呼ぶ会、福島老朽原発を考える会、バスストップから基地ストップの会、スローアグリカルチャー研究会、浜岡原発の広域避難を考える静岡県東部実行委員会、原発さよなら千葉、戦争への道は歩かない!声をあげよう女の会、原発事故を考える町田市民の会、地球救出アクション97

※【関連】報告会 in 郡山 「福島のいまとエネルギーの未来」 (5/12)
http://foejapan.org/energy/evt/180512.html
posted by 脱原発ネットワーク茨城 at 00:25| Comment(0) | ☆☆ 展開中・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

4月8日(日) シンポジウム「東海第二原発を首都圏で考える」/東海村

東海チラシ.pdf
シンポジウム@東海村
「東海第二原発を首都圏で考える〜東海第二原発の再稼働が首都圏全体に及ぼす影響について〜」

パネリスト
・相沢一正元東海村議
  現場からの報告
・小川仙月(脱原発ネットワーク茨城共同代表)
  東海第2原発の現状
・門間ひで子羽村市議
  福島そして首都圏から見た東海第2原発
・けしば誠一杉並区議
 「請願行動」そして首都圏から見た東海第2原発
司会:野口修(つくばみらい市議)

日時:2018年4月8日(日)14:30〜16:30、14:00開場
会場:産業情報プラザ(アイヴィル)3F
   (茨城県東海村舟石川駅東1−1)
資料代:500円

主催:東海第2原発の再稼働に反対する茨城県自治体議員連盟
共催:反原発自治体議員・市民連盟
問合せ:TEL 070-5577-2993(阿部)
posted by 脱原発ネットワーク茨城 at 00:04| Comment(0) | ☆☆ 展開中・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

5月12日(土) 西尾正道氏 講演会・学習会/ひたちなか市

西尾先生講演会2018.5.12.pdf
西尾正道氏講演会・学習会
〜 ものごとを根本から考える〜

日時:2018年5月12日(土)開場13:15
   第1部 13:30〜15:30、講演
   第2部 15:45〜16:45、学習会
会場:勝田ワークプラザ 二階研修室3
  (茨城県ひたちなか市東石川1279、TEL 029−275−8000)
資料代:500 円
定員:40名
主催・問合せ:未来への風いちから
TEL 080−5496−6261(荻)

放射線医として40年、がん患者と向き合ってきた経験から、放射線の光と闇の世界を知り尽くす西尾正道先生が、疑似科学的物語で放射線による健康被害を過小評価している問題に対し、ラディカルな思考視点からお話します。

講師:西尾 正道 氏
[略歴] 1974年に札幌医科大学卒業後、国立札幌病院・北海道地方がんセンター放射線科勤務。2004年の機構改革により国立病院機構北海道がんセンターと改名後も同病院に勤務。2008年4月同病院長、2013 年4月より北海道がんセンター名誉院長。
posted by 脱原発ネットワーク茨城 at 20:46| Comment(0) | ☆☆ 展開中・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

4月12日(木) 定例会/つくば

脱原発ネットワーク茨城 2018年4月(第78回)定例会

日時:2018年4月12日(木)19:00〜20:30頃
場所:つくば市市民活動センター(つくば市吾妻1-10-1)
  ※南2駐車場をご利用頂き、駐車券をお持ちください。

議題:東海第二原発をとりまく動向をふまえて4月からの戦略
→東海再処理工場の高レベル放射性廃液の危険性から
→原子力災害の広域避難計画の問題から、
→原発県民投票の直接請求から、など
posted by 脱原発ネットワーク茨城 at 15:45| Comment(0) | ☆☆ 展開中・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする